スペシャリスト向けの資格 | 東京クリーニング学校はプロとしてのクリーニング技術や知識、事業経営を指導します。

企業情報 資格取得の流れ カリキュラム 入学のご案内 卒業生の声 クリーニング師試験 お問い合わせ

スペシャリスト向けの資格

文字サイズ変更

当校では、クリーニング師の取得を目指すだけでなく、クリーニングのスペシャリストに必要不可欠な知識として位置づけられるその他の資格を得る為の、講習会を聴講出来ます。また、危険物取扱免許(丙種)の取得が行なえます。

危険物取扱免許

一定数量以上の危険物を貯蔵し、または取り扱う施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければなりません。 そこで、本校では丙種危険物取扱免許を取得可能で、取得後には危険物の定期点検、保安が行なえます。

ボイラー取扱技能講習修了証

ボイラーは、現在、クリーニング業にとってはなくてならない存在となっております。講習の中で、構造と取り扱いについての知識の他に点検及び異常時の処置、関係法令の知識を取得します。

有機溶剤作業主任者技能講習修了証

有機溶剤による身体的な被害防止の指揮・監督を行なうことに必要な知識を得るための資格です。 ドライクリーニング用の溶剤を扱うクリーニング業では、管理者が必ず持つべき資格とされています。


TESの取得も不可能ではないです!

繊維製品品質管理士(TES:Textiles Evaluation Specialist、http://www.tes-shikaku.jp)
TESは、昭和56年度に通商産業省の告示(平成9年12月18日廃止)に基づいて生まれたもので、繊維製品について消費者からクレームが出ないように、それらの製品を取り扱う企業のなかで活躍するスペシャリストです。そのねらいは企業活動の合理化、消費者利益の保護、企業と消費者の信頼関係の改善にあります。
取得は、日本衣料管理協会の実施するTES試験に合格するとTES資格が取得できます。学歴・年齢を問わず誰でも受けることができます。
本校では、TE S試験に対して、特別に講習や試験手続等は行っていませんが、講義科目ファッション素材の中で繊維に関する知識や管理を採り入れております。
卒業してから受験してTE S試験に合格をした卒業生は、多数います。是非チャレンジしてはいかがでしょうか?