理論を学ぶ | 東京クリーニング学校はプロとしてのクリーニング技術や知識、事業経営を指導します。

企業情報 資格取得の流れ カリキュラム 入学のご案内 卒業生の声 クリーニング師試験 お問い合わせ

理論を学ぶ

文字サイズ変更

riron_school.jpg
クリーニング師試験は「衛生法規に関する知識」「公衆衛生に関する知識」「洗たく物の処理に関する知識」の3つの知識を問うペーパーテストが行われます。
その為、クリーニング師試験に合格するにはこれら3つの知識を学ぶ必要があります。
当校のカリキュラムでは、これら広範な知識を着実に1年間で身に付けて頂けるようになっています。
ただ、これからのクリーニングを扱う者が得るべき知識は、これら衛生面や現場だけの知識だけでは足りません。高度な技術力を身に付けるには、基本的理論をしっかり身に付け応用力を養うことが必要です。

資格を取る為の知識を無理なく体系的に学ぶ

クリーニング師の試験では、法律の知識や保健的知識、衣類を間違いなく取り扱う為の知識を問われます。これら広範囲な知識を無理なく体系的に学べるカリキュラムを当校では組んでいます。 しかし当校では、生徒に資格を取って頂くことだけが目的ではありません。 資格を取ったあと、クリーニング事業者としての応用力も身に付けて頂くことも当校の理論教育と考えています。

技術を伸ばす理論を身につける

クリーニング業はこれまで、「師匠の仕事を見て覚える」といったように、あらゆる知識を現場で見て覚える指導が行われていました。
もちろん現場で覚えることも多くありますが、現場で学ぶテクニックだけでは、これからのクリーニングを扱う者としての知識は少なく、最大限のサービスをお客様に提供することが出来ないと当校では考えております。

そこで当校では、将来のクリーニング業を担う人材を抜かりなく育成する為に、衣料に関する知識、経営に関する知識などの基本から応用までの理論を机に座りしっかり学んで頂き、卒業後も当校で学んだ知識をフルに生かして頂くようにカリキュラムを組んでいます。